世帯年収1000万円超えても、裕福じゃない暮らし

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日々の日常
DSC_0005

ちかちのブログに足を運んでくださいましてありがとうございます。

今回は、我が家の

お金の感覚に関するお話

をさせていただきたいと思います。

スポンサーラベル

タイトルにもある通り、我が家は共働きで、世帯年収1000万円を超えています

(現在は育休中なので、少し私の分の手取りは少なくなっていますが・・・)

内訳としては、旦那さんが600万少し。

私が400万少しくらいな感じです。

年収1000万円と聞くと、高収入で、豊かな暮らしをしているイメージがないですか?

高級車に乗って、キラキラした素敵な家に住んで・・・。

私も自分が世帯年収1000万円いくまではそう思っていました。

だから、年収1000万円ある旦那さんと結婚したら、専業主婦になって、仕事しなくていいやん。うらやましいなと思っていました。

けど、現実は全然甘くないですねー。

最近、グーグルの記事とかでも「1000万円あっても裕福に暮らせない」みたいな記事を読んだ事があるのですが、私も肌感覚で、まっっっっっったく裕福とはかけ離れた暮らしぶりをしています。

スポンサーラベル

私の金銭感覚↓

・スーパーで買い物をするとき、10円でも安い方を購入する

・どこに車を停めればお得に駐車できるか常に考えている。

・普段業務スーパー・サンディを愛用しているので、イオンで食材が高すぎて買えない

・スーパーで買い物をするとき198円以上するものは買い物かごに入れるときにかなり躊躇する

・自分のプチご褒美(例えばアイスなど)を買う事を躊躇してしまう

・スタバなんてそうそう買えない。もはや店に寄りつけない

と、こんな感じで、とにかく貧乏性を炸裂しています。

共感してくれる主婦の人がいたら嬉しいなー。

きっと、1000万円年収がある旦那さんと結婚しても、専業主婦だったらこんな感じの金銭感覚なんだろうなー。

 

他の私が書いているブログの記事でも、私の金銭感覚が分かる記事があります↓

合わせて読んでもらえると嬉しいです♡

なぜ、こんなに貧乏性な金銭感覚なのかというと、今後お金がどんどんかかるから、むやみやたらに使えないからです。

家を購入する前に、ファイナンシャルプランナーの方にライフプランを作成していただいた事があるのですが、そこで教えてもらったのが

一人の子供が仮に『下宿で仕送りをして、理系大学を出た場合』大学生活だけで1000万円かかると言われました。

どっひゃー

スポンサーラベル

我が家は3人子供がいます。

3人いたら大学生活だけで3000万円かかるってことです。

最近、「異次元の少子化対策」が進んでいて、子供3人世帯の大学費無償化の制度も話が出ていますが、どこまで信頼できるかわかりません。

なので、いまのところ自力で子供のために3000万円を貯めようと考えています。

他にも私がお金を貯めてる理由をまとめた記事↓があります。

合わせて読んでもらえると嬉しいです♡

子供の教育費・自分たちの老後費用・・・

そのためにお金を残しておかないといけないので、世帯年収1000万円あっても、全然裕福に暮らせないですね。

高い車を買いたいとか、年に1回海外旅行に行きたいとか、そんな裕福は求めていないのだけど・・・

せめて、スーパーで198円の品物を躊躇せず買えるだけの金銭感覚にはなりたいなーと思う今日この頃です。

198円を躊躇なく買える金銭感覚になるまで、もう少し頑張って、我が家の資産を増やしていきたいと思います。

最後まで見ていただきありがとうございました。

コメントいただけると嬉しいです。

コメントをどうぞ